MENU

白髪染の注意点

 

キメ顔の女性まず白髪染めは刺激がとても強い物が多いですので、美容院で毛染めをする時には事前に肌が弱いか、今まで毛染めによるトラブルがおきたか質問されます。

 

ここがYESと答えてしまうと大抵の美容室ではお断れされるのです。以前YESと答えてしまった時に、断られましたが責任は自分で持つという事で染めてもらった事があります。


その美容院では毛染めによってひどく肌がかぶれてしまって大変になってしまったお客さんがいて、それから毛染めに大して厳しくなったのだとか。誰にでも起こる事ではないでしょうが、毛染めによるトラブルは後をたたないようです。


もし毛染め経験のない方でしたら、十分注意してくださいね。市販の毛染めには必ず事前にパッチテストをする必要があります。今までなんともなかった人でもその日からだめになってしまう人もいるので、テストが必ず必要なのだとか。


パッチテストは部分的に白髪染めを少量肌につけて反応を確かめるものです。時間を置いて何もおきなければOKですが、腫れてしまったり赤くなったりとアレルギー反応が出てしまったら、もうその白髪染めは絶対に使ってはいけません。


頭皮全体又は、お風呂場で洗い流す時に顔や体にまで反応が出てしまう可能性があるからです。こういったパッチテストが絶対に必要なのは、刺激が強い合成成分を使って作られた白髪染めですので、植物由来のものを選ぶとこういったトラブルも起きませんので安心できるのではないでしょうか。