MENU

 

髪の綺麗な女性白髪染めは今ではいろいろな方法や種類があってどれが良いか迷ってしまいますよね。
一般的な毛染めは1液と2液を合わせて使うもの。液状、クリーム状、近年では泡状が人気があるのだとか。しかし、これらの白髪染めは髪や頭皮にとって良いとは言えません。


その結果、頭皮のトラブル、髪が傷むなどが起きてしまうのです。自宅にいて簡単に染まるように出来ている毛染めは、とても便利で重宝していると誤解しがちですが、それだけ簡単に染まるのにはワケがあるのです。
それ
だけ強いという事だともう多くの方がご存じですよね。美容院で使用している白髪染めの液は家庭用と比べて髪に優しいですが、染まりにくいのだそうです。

 

その結果きちんと経験のあるスタッフが染めないと綺麗に染まらない事も。しかし自宅の毛染めよりは優しい美容室の毛染めだとしても刺激はかなりのもの。頭皮がしみて痛いと感じた人は多いのではないでしょうか?それは体が悲鳴をあげているのです。


白髪はこれから一生付き合っていくものです。出来るだけ体の負担のない毛染めを使っていきたいですね。

 

白髪染めの色の選び方

白髪染めをする時にまず迷うのがカラーだと思います。実際良く染まるのは黒ですが、人間の髪の毛って黒髪に見える人でも、若干は茶色がかかっているものですから、真っ黒に染めてしまうと人形の毛のように不自然になってしまいますね。

 

こげ茶色ぐらいが最も綺麗に染まる色だと思います。ただしこげ茶色を選んだ場合は染めた時は綺麗に染まるのですが、今後生えてくる白髪が目立ってしまうという点がありますので、濃いめの色を選ぶ場合は、頻繁に染める事がおススメです。

 

また明るめのカラーを選ぶ場合は白髪がきちんと染まらない事が多いですが、逆に生えてきた白髪が目立たないというメリットもありますので、あとは好みもありますので、いろいろ試していってもよいかと思います。

 

白髪染めは髪質によって?

同じ白髪の悩みがあるとはいえ、髪質は個人さがありますね。細くて柔かい毛の方、硬くてしっかりした毛の方、いろいろな方がいらっしゃると思います。
細くてやわらかい髪質の方は毛染めの色が入りやすいので、染まりやすい毛質なのですが、傷みやすい傾向にありますので、白髪染めをしたらトリートメントなどのケアがとても大切になってきます。
そして太くて固い毛質の方は、染まりにくいタイプです。髪の毛が太いと髪を覆っているキューティクルの壁も厚くなっていますので、毛染めが毛の中まで浸透しにくいのです。

 

染まりにくい髪質ですが、健康的で傷みにくい毛質でもあります。傷みやすい細い毛の方はトリートメント成分も配合された毛染めがおススメですし、太いタイプの毛の方は通常の時間よりも長く置いて、髪の中まで浸透させるようにラップやシャワーキャップなどで保湿するのも良いと思います。