MENU

白髪はなぜ生える?

白髪はどういうものでしょうか?


笑顔女性
本来の髪の毛は、メラノサイトという色素細胞によって、髪として生えてくるのでが、メラニン色素がきちんと生成されないで、生えてしまったのが白髪という訳です。
髪の色が黒いのは東洋人の特徴ですが、白人の場合ですと、金髪や茶色、赤毛と髪の色もさまざまです。これもメラノサイトの働きの違いによって色が変化すると言われています。加齢と共にメラノサイトの働きが弱まってくるで、年を重ねるごとに白髪が増えてしまうのは、仕方のない事なのです。


年齢によるもの

白髪になる原因は詳しくはまだ解明されていないの、原因の一つには年齢によるものがあります。
20代の後半?30代の後半になると多くの人が自分の白髪を見つける事になります。また加齢とはいえ大変個人差があるものなのです。
遺伝的な要因も大きいので、若白髪が多かった両親の子供もまた若い頃から白髪が目立つという話も多いです。白髪は老化現象の一つとされていますので、女性の多くは白髪が増えてくると悩みにもになりますね。


白髪が増える年齢は35歳ぐらいだったというデータもありますので、女性の体の変化の年は35歳と言われていますので、その頃から白髪も増えやすいのだと思います。

 

ストレスで白髪になると言われますが?

よく、巷で言われているのがストレスによって白髪になるという事です。親に迷惑をかけたので、白髪が増えてしまったなどよく聞く話ですが、実際にストレスと白髪の関係はあるのでしょうか?
マリーアントワネットは強いストレスにより一夜にして真っ白になったという話がありますが、本当なのでしょうか?私はこれは作り話であって本当ではないと思います。
白髪は日々増えるにしても一夜にしてはありえないからです。しかし現代の生活ではストレスを受けやすい人が多く、本来白髪が増えてくる年齢よりも早く若白髪が目立つ人が多いのだとか。
ストレスは自律神経が乱れやすくくなり、髪にも影響を与えてしまいます。過度のストレスをためこまないような、生活をしていく事により白髪が増えるのも抑制できるとおもいます。