MENU

白髪染めで髪が傷むのか?

 

ドライヤーを当てる女性白髪染めをした事のある方の多くが感じていると思いますが、白髪染めをすると髪に艶がなくなりパサパサした指通りの悪い髪になってしまいます。
これは自宅で白髪染めをする事によって髪の毛にダメージを与えてしまったという事なのです。


自宅でいて誰でも簡単に染められるのには、染まりやすい=それだけ液が強いという事なのです。このような肌や髪に悪い白髪染めを長期間使ってしまうと、頭皮や髪にダメージを与えてしまう結果になるのです。
市販されている白髪染めは多くの合成成分から出来ています。それは大変刺激があるので、時に肌トラブルを起こしてしまいます。
毛染めにより肌がかぶれてしまったなどの皮膚トラブルは多く専門医に診てもらうといった結果になる方も多くいらっしゃるようですので、初めて毛染めをされる方、肌が弱い方は十分注意してください。
また育毛を気にされてる方にとっても、毛染めの刺激は頭皮によくありません。抜け毛が気になっている方は特に気をつけてくださいね。



白髪染のトラブルを防ぐには


最近では強い白髪染めを使う人も減っているのだとか。刺激のほとんどない自然派の白髪染めが人気を呼んでいておススメです。
特に刺激成分である、パラフェラレンジアミンを使う市販の白髪染めは多くありますが、これがアレルギー体質の方などには、肌トラブルを引き起こす原因にもなっていますので、毛染めを選ぶ時には成分をきちんと見て確認してくださいね。

 

当サイトでは髪に優しい白髪染めを中心に紹介してます。